カテゴリー: 近藤のつぶやき

Education≠教育

教育は、Educationの誤訳という。福沢諭吉は”発育”としたかったらしいが、もともと漢籍か何かにあった「教育」のほうが広まってしまった。勝手に育つのを支援すればいいのを勘違いして、西洋に追いつくためには「教えろ」となってしまったのが、近代日本の不幸だという学者もいる。
この百年の方向性を反省したのか、最近の文部科学省は、アクティブ・ラーニングと称して自ら学んでいく趣向を重視した教育指導要領を定めている。近藤個人としては、「何を今さら」との思いが強い。

とはいえ、私は恵まれていた。
職人の父には『本は読んでも損はせん』と、高度成長期の独身時代にひと儲けした以来集めている蔵書を提供され、読むか読まないかは自由とされた。母には「ウチはウチ、ヨソ(他所)はヨソ」としつつ、事務仕事の段取りなどサラリーマン的手ほどきというのか、見せつけを何度も受けていた。持ち帰りの残業も手伝わされた。
つまり、教えられずに育てられた。常がそんな感じだから、両親ともが、学校の成績など私を評価する基準から外しきっている。さすがに、某私立大学(いちおう世界の大学ランキングには出る程度の)に現役で入学した際は、母は大喜びしたものだが、戦略的に受験勉強できた礎は当の母にあったのだ。高校の内申点を無視して、センター試験を無視して、やる範囲を絞り込み、一日の勉強時間も2時間以内に制限できたからだ。セオリー以外の考えを持てたのは、まさに「ウチはウチ」思考のお陰である。

一方、多くの同世代たちは『大学に入って大企業なり官庁へ』の筋を基本に教え込まれていた。まだバブル崩壊も迎えていなかったあの頃の日本は、レールに乗る人生が間違いないと信じている人は圧倒的多数を占めていた。
いまの小学生は、いやわかる範囲で大学生あたりではどうだろう。やはり圧倒的ではなくとも大多数が『大学に入って・・・』を過信している気がする。もちろん、2~30年前に比べて、大卒未満の就職口が狭くなっている感は否めない。が、いっぽうで大学生が余っている(18歳人口が年々減っているのに大学生が増え続ける矛盾)事実もあるわけで、逆張りをする若者がもっといてもいいように思う。

正直にいうと私は、コンプレックスを持たない意味でも大学まで行かせてもらった。実に大したことがない人間である。恵まれているのに、いまだに家庭を持たない。クズ丸出しである。だからこそ、卒業後こそ知見を養う努力は続けているし、現役の学生たちと学力テストなり何なりで対抗する自信がある。結局のところ、今も私は勝手に育っている。そして教えられるのがいまだに苦手である。

若い世代の方に(いや年長者にも)、つい喋り過ぎてしまうことがある私だが、常に心掛けているのは「内容忘れてもらって良えで」のポジションだ。ほとんどの場合、相手が出すネタに関連する話をしている(古い付き合いの後輩からは「話題泥棒」と言われ続けている)のだが、それでもサッパリ忘れてもらっていい。

もし将来、子を持つなら、勝手に育つ環境をしっかり整備して、子の需要があれば教えるような立場でありたい。
「教育」には限界が付きまとう。自発に勝るものはない。

Comment

大学では教えてくれない「ここだけの話」を聞ける場として

大学や高校では教えづらい事を学生たちに伝えることもまた、ケイゾクエナジーの使命です。

高校教員の方々に様々な制約があることは想像がつきやすいですが、一見自由にみえる大学教員の方々も違った形での制約があります。准教授よりも上の方になると、専攻分野の研究、学生への教育、そして大学運営と、大きく分けても2~3つほどの役目を兼ねねばなりません。専門化と忙しさの両方で、扱える知識の範囲は自然と絞られます。
また、ここ15年ほどはネットの発達などにより、多少の発言でも問題視されやすくなりました。ただでさえ少子化で学生数減を恐れる立場としては、表現方法にも縛りが入ってしまいます。文部科学省などによる目も厳しい。友人知人の大学教員の話と、近藤による想像の範囲だけでも、なかなか大変な職業だと、私・近藤は常に脱帽の思いです。
以上のような状況があるから、様々な体験の場を学生に!といわれても、大学教員が専攻外のことまで用意するのは難しいでしょう。確かに、産官学民の連携と言われる中で最も頭が固いのが大学教員とはよく聞きますが、立場じたいが固められてしまっている以上、全てのことを要求するのは酷かと思います。

いっぽうで、当ケイゾクエナジーは、制約がありません。文部科学省から認可を受けるわけでもなく、議決権をかざして圧力をかけてくる株主もいません。私立大学以上に純粋な民間の立場なので、「ここだけの話」はいくらでも出せます。
特に、就活などに直結する業界ウラ話や、社会人各位の苦労談の集積には自信があります。私・近藤が、自信の経験や東京時代から見聞している話(さすがに個人名は伏せながら)を交えて伝えることもできれば、知人友人の社会人自身を引っ張り出すことも可能です。

学生向けで抜粋してみると、関西に戻ってきてからだけでもこんなことをやってきました。

などなど。近藤個人の得意分野としては環境・エネルギー、IT分野、NPO活動が軸ですが、社会の仕組み全般の話も扱いますし、別の分野であっても各業界のプロを呼べます。特に下の二つは、プレゼン資料を整えており、要望があればいつでも展開が可能です。
いずれも、『そういえば、学生時代に得られんかったんな』と思い返した知識や経験談であり、最後のエネルギーの歴史に関しては現役の学生から勧められて開催したものです。

というわけで、学生のみなさん。大学生活や企業インターン以外で社会知識を得る場といえば、「ケイゾクエナジー」と覚えてやってください。日本一かどうかはわかりませんが、関西で5番目以内には使えると思います。たぶん。

Comment

天才と秀才

あるビジネスを起こす準備をしつつ、こんな話をしていた。

女性『私は、天才と付き合うのが上手いんです。』

ケイゾクエナジー近藤「天才ってのは?」

『世の中の多くの人、つまり物事全般にかけて一定以上のスキルを持っている人が秀才で、あることはできないけど、あることは恐ろしく出来るのが天才かな。この図のように』

スマホの画面を見せられる。

多くの人びとが、中心にある円におさまっていて、天才はその円からはみ出た人々。天才は、この画面では×印で表されており、中心の円から離れれば離れるほど「天才」度が増すといい。天才度が高い分だけ大多数の秀才はもちろん、距離の遠い天才とのコミュニケーションが困難になっていくそうだ。なるほど。

近藤「とすると、天才ってのは、大抵嫌われているか、世に出てこないかのどちらかと違うかな。」

『私は、その天才のほうが話がしやすかったりします。そういわれると、(世の中の大多数を占める)秀才の中でコミュニケーションをとるのは、辛かったです。』

近藤「ほな、天才肌なんや」

『この分類でいくとそうなりますね』

『岡本太郎さんは天才なのに、文章も書いたりとか秀才にも語り掛けられるし、すごい存在でしょう』

近藤「うん。いうても、岡本太郎さんは大学で社会学を学んでいたり、両親もクリエイターだけど、父が漫画家で母は小説家だったりと、親譲りの天才肌でありながら、子どものころから表現の訓練をしている。単に、天才として生まれてしまったのでは、やはり生きづらいやろうね」

 

天才も発達障害も、得手不得手の落差が激しい人を意味するとすれば、近藤の持説では天才と発達障害に大した差はない。だから出来る限り、当人こそ天才だと思っていてほしい。

いや、自分が天才と意識しなくとも、好きなことや得意なことを、失敗しようが続けていれば「○○は、◆◆をやり続けている。多少の落ち度は見逃そう」となりやすい。

逆に発達障害と本人が認識してしまえば、不得手な方に目が行きやすい。目が行って自己抑制しようというならいいが、自分はアカン奴だと開き直って言動を抑制もしなければどうだろう。人びとの目が冷たくなり、自信を失うかもしれない。それでも、居るだけで周りを和ませるような、落ち着かせるような雰囲気を持っていれば、何の問題もないのだが、なかなか上手くはいかないものだ。

要は、天才にも色々いらっしゃる。

まずケイゾクエナジーは、たとえ小さなことでもやり続ける天才と、天才に理解がある秀才が融合する場を提供していきます。

 

 

Comment