テキトーな野球をします。守るだけ、投げるだけ、打つだけでもOK。ルールを知らない所からも歓迎。軟らかいビニールボールを使ってグローブ無しでやるとか。そこで、少年時代のランナー無しでやる野球・太鼓ベース(タイベン、たいべー)※を思い出しました。
参加ご希望、あるいはご検討の方は、お問い合わせの種類で「11/10太鼓ベース」を選んで、本文で携帯番号を添えてとご送信ください。近藤個人へのご連絡でも可です。

日時◆11月10日(日)10時~15時(以降は参加者次第)
→午前だけ、午後だけとかの参加もアリです。

場所◆豊崎西公園(大阪市北区豊崎5丁目5番)
少なくとも朝の集合は上記の場所とします。場所が使えなかったりなど、近隣の公園や河川敷に移ることもあります。その場合、このページのコメント等で発表しますので、ご留意願います(‘◇’)ゞいずれにせよ、
最寄り駅が中津駅または天六、歩こうと思えば梅田からでも~の範囲でやります。

服装◆普段着でOK、動きやすい格好で。グローブも要りません。

持ち物◆飲み物やタオルを、各自ご判断で。
プラスチックバットやビニールボール、ホームベースをお持ちの方がいれば助かります。

参加費◆基本的に無料です。

雨天中止などの対応◆当日8時までに催行を判断して、当ページで発表します。順延も検討します。再考した場合も、天候等によっては、途中で終了する場合もあります。

※太鼓ベース(タイベン、たいべー)とは、近藤の地元・京都府南部などで行われていた、子ども向けの野球ルールです。最低でも投手と野手の二人×2チームの4人いれば始められます。
守備側は、打たれた球を受けた(拾った)所から、ホームベースにいるキャッチャー役にあたる味方(拾ったほうではないほうが担当)に投げて、受け取れたらアウト。受けられなければ、ヒット扱いとなり出塁や進塁が認められます。人数が足りない分のランナーは「透明ランナー」とか言ってました。ホームランや二塁打以上は、「あの柵をこえたら」など、やる場所で決まります。
なお、二人対戦の場合、投球を受ける時のキャッチャーは攻撃側の打席に入らない一人がやることが多いです。

Comment