タグ: ビジネス

責任と恩恵のバランスこそ、正規雇用ライフ。

『日本人はとにかく組織に架空の責任を負わせたがり、個人の責任を宙に浮かせたがる。トラブルが起きたときはみんなで「どうしよう」と言い合うが、誰ひとりとして問題を解決しようと勇敢に立ち上がることも、みんなで団結して問題に蹴りをつけようとすることもない。』
中国人の質問サイトでの、「日本のダメなところ」との質問に対するベストアンサーの一節だ。→参照元

楽でいたり責任を回避するのもいいことだけど、同時にリスクを負っている覚悟も必須だ。
私は、日本が衰えているとされる大きな理由の一つが、正規雇用制度が普及し過ぎたことだと考えている。自覚無きサラリーマンが増えすぎた。

そもそも正規雇用は、組織責任の一部を継続的に担うことへの代償として、定期的な報酬と長期の労働環境を保証した制度のはずだ。
が、法的にも守られ過ぎた結果、『大きな失敗なく過ごせば、給料は出続ける。』と、解釈を間違われるケースが続出した。決まってお金が出る恩恵は、様々な人の苦労で積み立てられた結果であるとの感謝を忘れた人が、大きな割合を占めるようになった。
逆に、正規雇用を盾に日に陰に残業を強いる、悪質な社風や経営者も多々存在する。その意味でも、危険な側面を有しているから、責任と恩恵(権利)のバランスには、常々気を付けねばならい制度である。

私もまた、責任と権利のバランスを考えられなくなっていた。東日本大震災の年の暮れに正規雇用制度から離脱して以降、おかげさまで色々と考え動き、時間はかかりながらも様々な人・物事への感謝の気持ちが回復した。

正規雇用を受けたり提供している方はもちろん、正規雇用に憧れている方も、責任と権利のバランスについて考え直してほしい。

言葉を重ねるが、正規雇用を受けつつヒマしても楽してもいい。が、その分文句を言わないとか、有事の際には周囲を助ける心づもりを常にしておくとか、小さくても微々たることでいいから責任や義務を負うようにすれば、それでいいだろう。
イザという時の備えに、あえて社員や職員を遊ばせておくこともまた、正規雇用制度の長所なのだから。

Comment

既にある仕組みに馴れると、必ず衰えが来る

明けましておめでとうございます、ケイゾクエナジー、ぼちぼちやっていきます。
肩慣らしに、ある記事から、思いついたことを書いてみます。

新聞没落が顕著に!10年間で約1000万部が消える!電子化は?フジテレビも視聴率が最下位へ

日本の新聞。この10年で1000万部も発行数を落として、昨年には4212万部になったという。私からすれば当たり前というか、もう歴史の流れのようにみている。
報道一つとっても、官庁には記者クラブがあり、外国ニュースは通信社があるなど、はるか昔から仕組みが完成している。販売も各地の販売店や本社組織とは別の営業要員が動く仕組みになっているから、頼れるどころか、読者の声を直に受けなくてもいい状態だ。

新聞に限ったことではない。
何かの仕事をする時に、「必ずこの帳簿を使って」とか、「あの業者指定」と指示されるケースは多々あるだろう。が、固定した手順やメソッドへの依存は、中長期的には落とし穴だ。気がつけばその会社や組織独自の癖に染まってしまい、外部の変化についていけない要因にもなる。

私の業は、ケイゾクエナジーなら社会活動家、あるいはIT業界の一人であったりするわけだが、特に後者は行動変革を勧める立場になってしまう。
その際、既にある仕組みに慣れた方々と向き合わねばならない場面が、何度も生じてくる。

仕組みに慣れた方々に対して心がけていることは、ただ一点。無理強いしないことだ。勉強させない事だ。
いくらこちらが奮闘しようが、自発性がゼロではいくら掛け算しても効果は出ない。対価をもらいようもない。もちろん営業的に説得する方法もあるが、化けの皮が剥がれてからが大変だ。

それが、慣れているのではなく、何かの理由で「既にある仕組み」を守ろうとしている方だとわかれば、むしろ尊敬して助けたくなる。
要は、意思をもって昔ながら仕組みを続けているのなら良く、わからないうちに馴れている(あえて漢字を変えています)のなら、そっとしておくよりない。変わるのが怖いだけなら、なおさらそっとするよりなく、こちらが被害を受けずに済むのなら、いざこざが起こる前に退くのが得策だ。

おそらく、新聞やテレビの凋落は、憧れをもって入社した方々が、憧れに裏切られたくなくて、元の仕組みから離れられなくなったのかもしれません。ある種の、ただ”伝統を守る”みたいな心理的な作用もあるのでしょう。
もともと憧れを持つことが少なく、当の新聞記者経験に落ちた経験もある私としては、むしろこれで良かったのかもと思うようにしています。

Comment

儲からないビジネスを考える会#02動画

10月21日に開催した「(お金が)儲からなくとも(他で儲かる)エコなビジネスを考える会」の一節です。

Comment

若者による自民支持増は当然?

他の世代に比べ、20代までの投票率が低いことと、投票しても自民党への支持が高いと聞きました。私は、むしろ自然なことかと思います。

若い方ほど、「産業革命以来の経済成長を継続を前提とした社会システム」の恩恵を受けたことがないでしょう。
これらのシステムは、先進国ほど終わりつつあります。例えば、正規(終身)雇用制度や生活保護・年金・国民皆保険など『政府や大企業による富の分配』は、立ち行かなくなってきたシステムの代表例。さらに、グローバルでもローカルでもない半端な『国民国家』思考や、代議制(democracy)の誤訳といえる『民主主義』もだってそうです。地元選出の議員への陳情より、”日本死ね”のようにネット経由のほうが意見が通ったりします。国内だけでなく、海外にも。
皮肉にも、システムの継続をうたっているのがどちらかといえば野党であり、たとえ極論や愚策であっても「現状打破」をうたっているのが自民党や維新の会などのように思われます。

ハッキリ言えば、自民が革新で、社民や共産が保守という逆転構造になった。
立憲民主がうけているのは、枝野代表への信頼感だけでなく、大臣など政権運営の経験がある人々が改革側かつ革新系を名乗っているという、構図のわかりやすさもあるでしょう。こうなれば、長年理想論を押し通してきた共産の支持が食われるもの当然かと。

シェアに個人間取引、法人格なきビジネスなどなど、政府や企業の仕組みを介さない動きがもっとあっていい。過去の思い出、いや成功体験にとりつかれた幻想で、終わりつつあるシステムを押し付けるのはやめましょう。違和感を持つ若者は、反論しなくとも穏健に無視し続けることでしょう。

変わらなければいけないのは、私を含めた昭和以前生まれの年長者です。
ご賛同あるいは疑問をお持ちの方は、10月21日14時からの『儲からなくともエコなビジネスを考える会#2』にお越しいただければ、なお幸いです。

Comment

10/21 儲からなくともエコなビジネスを考える会#2

(お金が)儲からなくとも(他で儲かる)エコなビジネスを考える会。二回目を開催します。

日時:2017年10月21日(土)14:00~16:00
※途中入り・抜け歓迎です。
※16:00以降は、希望者で軽く飲むか食事に行く予定です。

場所:大阪府大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル4階
「まちラボ」MIDORI365協会ラウンジ
リンク先図中のD”テラプロジェクト展示場”とある場所です。
※梅田各駅、JR大阪駅など、すべて徒歩圏内です。

内容(予定):
14:00~14:15
・事前説明(漫談?)「儲からない」とは・・・ケイゾクエナジー近藤より
14:15~14:30
・話題提供・・・木下英範さんよりプロジェクト案
14:30~
・プロジェクト案やその他の物事について、色々と対話・談笑

参加費:500円(30歳以下は300円、学生無料)

定員:10名程度(主催者・話題提供者を含む)

お申込み:
ケイゾクエナジーへのメッセージか、facebookイベントページでの参加ご表明をお願いします。お早目に、ご表明・お申込みくださればなお幸いです。

儲かるのは金銭以外のものでよい、住みよい未来になればいい、そんな思い付きや事業計画、企画案の類があれば、ざっくばらん・適当に話し合える場とします。さらに「何かやりたい」「何か力貸せるで」の声が上がれば、もっと嬉しいです。
まさに近藤が言い続けてきた、ケイゾクエナジーの根幹。社会解決は、小さくていいから民間でもやればいい。ともに育てましょう!とまで大げさなことは言いませんので、まず楽しみに来てやってください!

View 3 Comments

天才と秀才

あるビジネスを起こす準備をしつつ、こんな話をしていた。

女性『私は、天才と付き合うのが上手いんです。』

ケイゾクエナジー近藤「天才ってのは?」

『世の中の多くの人、つまり物事全般にかけて一定以上のスキルを持っている人が秀才で、あることはできないけど、あることは恐ろしく出来るのが天才かな。この図のように』

スマホの画面を見せられる。

多くの人びとが、中心にある円におさまっていて、天才はその円からはみ出た人々。天才は、この画面では×印で表されており、中心の円から離れれば離れるほど「天才」度が増すといい。天才度が高い分だけ大多数の秀才はもちろん、距離の遠い天才とのコミュニケーションが困難になっていくそうだ。なるほど。

近藤「とすると、天才ってのは、大抵嫌われているか、世に出てこないかのどちらかと違うかな。」

『私は、その天才のほうが話がしやすかったりします。そういわれると、(世の中の大多数を占める)秀才の中でコミュニケーションをとるのは、辛かったです。』

近藤「ほな、天才肌なんや」

『この分類でいくとそうなりますね』

『岡本太郎さんは天才なのに、文章も書いたりとか秀才にも語り掛けられるし、すごい存在でしょう』

近藤「うん。いうても、岡本太郎さんは大学で社会学を学んでいたり、両親もクリエイターだけど、父が漫画家で母は小説家だったりと、親譲りの天才肌でありながら、子どものころから表現の訓練をしている。単に、天才として生まれてしまったのでは、やはり生きづらいやろうね」

 

天才も発達障害も、得手不得手の落差が激しい人を意味するとすれば、近藤の持説では天才と発達障害に大した差はない。だから出来る限り、当人こそ天才だと思っていてほしい。

いや、自分が天才と意識しなくとも、好きなことや得意なことを、失敗しようが続けていれば「○○は、◆◆をやり続けている。多少の落ち度は見逃そう」となりやすい。

逆に発達障害と本人が認識してしまえば、不得手な方に目が行きやすい。目が行って自己抑制しようというならいいが、自分はアカン奴だと開き直って言動を抑制もしなければどうだろう。人びとの目が冷たくなり、自信を失うかもしれない。それでも、居るだけで周りを和ませるような、落ち着かせるような雰囲気を持っていれば、何の問題もないのだが、なかなか上手くはいかないものだ。

要は、天才にも色々いらっしゃる。

まずケイゾクエナジーは、たとえ小さなことでもやり続ける天才と、天才に理解がある秀才が融合する場を提供していきます。

 

 

Comment