9月26日の午後、環境トークバトルゲーム「がちかん」を豊中でやります。
あなたは、ある国(地域)の国王・為政者です。保全カードなら1回10~40点、開発カードなら20~80点。ところが開発が進めば進むほど、環境問題の発生確率が上がります。
問題が発生したら大減点。これまでのカードの行使で得た技術や仕組みを使ってトークして、いかに対策をほどこしたかを説明して、問題の影響を緩和(=減点の縮小)します。一方他国は、問題を発生させた国を追求して、減点を追加することができます。
説明や追求に予備知識は必要ありません。まずは自分の思った閃きやこじつけも繰り出しつつ、考え合うのが面白さです。その後で知識を吸収すれば、より納得が深まるでしょう。
遊びの中で、開発と保全がもたらす、環境影響へのバランス思考?が鍛えられます。SDGs発想の強化にも、暇つぶしにも、もってこいです。


【イベント案内】
わたしの暮らし×温暖化ゲームで考える環境問題
遊びながら環境問題を学べて「対話力」「説得力」「理解力」「傾聴力」も身につく優れもの!

今までどこにも無かった新感覚のゲーム『がちかん』です。
・日時:9月26日土曜日 13時30分〜15時30分
・場所:豊中市立eMIRAIE環境交流センター
    大阪府豊中市中桜塚1-24-20(阪急宝塚線の高架下です)

・講師:ケイゾクエナジー 近藤大介
・定員:12人
・対象:高校生〜だいたい50歳ぐらいまで
・参加無料
・申込:電話 06-6844-8611、またはメール:jimukyoku@toyonaka-agenda21.jpまで、 名前、電話番号、年齢、をご連絡下さい。
 Peatixサイトでもお受付します。

★特典:豊中市発行エコポイントチケット「とよか」300ポイント進呈