第25回になる参議院議員選挙。選挙区での投票先を絞れていない人は、最下位当選の可能性がある候補から選ぶと面白くなるかと思います。私が当選させてやったんだ!の気持ちになる可能性と、あと一歩だったか~の、いずれかの楽しみ方ができるでしょう。
 といっても、改選数が1名の県では最下位当選も何もないので、2名以上の都道府県で楽しめる手法です。

6名が当選)東京・・・5位または6位狙いで
4名が当選)大阪、神奈川、愛知
3名が当選)北海道、埼玉、千葉、兵庫、福岡
2名が当選)茨城、静岡、京都、広島

 もし以上の都道府県で選挙権を持たれる方なら、当選するかしないかのボーダーラインを握る気持ちで投票できるわけですから、考える楽しみも増えます。

 例として、大阪、東京の順に書いていきます。以下、候補者名は敬称略、特に断りが無ければ届け出順とします。


大阪府選挙区(改選数4)  ⇒大阪府選挙管理委員会

 当選が確実視されるという3候補(自民・太田、維新・東、公明・杉)を外して、当選の可能性があるとされる候補は以下と言われています。

  • かめいし倫子(立憲民主党)
  • にしゃんた(国民民主党)
  • 梅村みずほ(日本維新の会)
  • たつみコータロー(日本共産党)

 以上の4候補が第4位つまり最下位当選を争っているといえ、投票した候補が当選すればまさに『私が国会に送ってやったんだ!』気分になれそうです。
 なお梅村候補は、同じく維新の現職・東候補との票の住みわけが必要になりますから、場合によっては、東候補が当選ラインぎりぎりになる可能性も考えられます。


東京都選挙区(改選数6) ⇒東京都選挙管理委員会

 かの山本太郎氏が比例区から出ることで、さらに激戦になっています。
 ここでは、複数のメディアで当選圏内とされている3候補(自民・丸川、公明・山口、共産・吉良)を除くこととし、以下の候補が、4~6位で当選する可能性があるとします。

  • 塩村あやか(立憲民主党)
  • たけみ敬三(自由民主党)
  • 山岸一生(立憲民主党)
  • 水野もとこ(国民民主党)
  • おときた駿(日本維新の会)
  • 野原よしまさ(れいわ新選組)

 たけみ(武見)候補は、いっけん自民党なので安泰と思われますが、同党の丸川珠代候補に、自民支持者の票が大きく流れると落選の危険が考えられます。このため、父の武見太郎氏(議員ではない)が日本医師会長を務めていた縁から、医療系を中心に支持を取り付けているとのことです。
 野原候補は、公明党の支持母体である創価学会員ながら、沖縄県知事選で堂々と玉城候補を応援して当選に導いた人物です。れいわ代表・山本太郎氏が持つ票の固め方次第では、3位以上の上位当選もあり得ます。また、公明党支持者から票を集めれば集めるほど、今度は公明党代表でもある山口那津男候補の当選が危うくなることも考えられます。

 実は東京も大阪と同じく、当選圏ギリギリ!とされる候補は、ほぼ野党公認です。
 他の道府県でも言えることは、『迷ったら、野党で面白そうな人』でいいかもしれません。もちろん、野党候補ばかりが優位の選挙区なら、与党で面白そうな人で。あまりありませんが。

 どの候補者に投票するかは、当然ながら、いずれも各人のご判断に任せます。様々な情報に目を通し、なるべく政策や考え方を比較したうえで選ばれたらと思います。
 投票をしない判断をする場合も、投票をしなかったことによるデメリットを含めて、よくよく考えられることをお勧めします。

 最後に、近藤自身は、東京都、大阪府両選挙区ともに、当選者が男女同数になるのではとみています。
 皆さんの納得あるご判断をお祈り申し上げます。